SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2012-02-12(Sun) プロトタイプ、スリープロガー、発進!

  無事、XBeeをピン制御によりスリープモードに移行することができたので、回路をデザインして、一気に製作する。

  画像の説明

  足にくっつける都合上、適当なサイズのケースが制約条件になるので、どうにか収まるように苦心した。XBeeの受け側は高さを稼ぐために、基板からピンのみ生やす形に工夫してある。

  画像の説明

  しかし、動かしてみてガチョーン。HT7733Aによる3.3Vへの昇圧回路が機能しない。XBeeは、動作時に40mAを要求するのだが、観測すると2Vチョイまで落ちてしまっている。どうも、使ったインダクタが原因らしい。この用途には、抵抗値の低いインダクタが必須のようだ。

  画像の説明

  仕方ないので、急遽、ケースに沿うように単4電池を増設する。とりあえず動いた。

  足への実装は、靴下のつま先部分を切り、靴下を履いてから、先を折り返すようにし、その間に内股側に機器を挟む形とした。こう見えて、相手が靴下だけに、装着感は想像以上に悪くない。

  画像の説明

  それでは、おやすみ、である。