SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|

2021-01-18(Mon) 続・GoThrough和歌山



2021-01-03(Sun) GoTo禁止の環境で、ゲーム「スタートレック」をレストア中

  画像の説明


2020-12-29(Tue) 2020年の年の瀬

  気がつけば、昨年に引き続き、今年も工作やプログラミングは控えめに、ロジカルよりフィジカルな方面に舵を切った一年だった気がする。

  今年は年頭から、新型コロナの影響で、いろいろと行動に制限が生じたものの、自宅でのテレワークがメインとなり、逆に運動に目覚めたのが大きな成果だったかな。体重はスルスルと落ち、腹回りのダラしなさはなくなり、腹筋が浮き出てきつつある。いわゆる「細マッチョ」にカテゴライズされるレベルだろう。鏡で見ても十分にカッコよく、とても気分がいい。

  画像の説明

  とりあえず、歌に運動にと忙しい毎日だが、来年も何か新しいことを始めることになったりするのだろうかなぁ。


2020-11-21(Sat) いろいろと、咲いた

  相変わらずヴォーカルの練習を続けている。自分の歌を録音し、聴き返すことで、反省をしては、ちょっとずつ改善を試みる毎日なのだが、不思議なことに、周期的に「なかなかイイ感じやん!」と「なんやコレ、もうヤメたいわ……」という時期が繰り返される。

  歌唱力を向上するには、先行して耳を成長させ、現状の歌唱に不満を発見することが必要、といわれる。確かに、自分の歌を聴いて「完璧」と思ってしまったら、修正する点はなくなってしまうわけだから、それ以上の向上はなくなるだろうから、理には叶っている。

  んが、上記の繰り返しが起きるのは、それだけが原因なのだろうかなぁ……まぁ、仕事ではないんで、ヤメたくなればヤメられるわけだが……歳を取ったからか、焦らずに続けられてはいる。

  そんな状態で、モチベーションを保つために重要な要素のひとつが「進歩」が継続していることだ。歌唱力の向上度合いが数値で計測できれば「進歩」を実感できる。それを手っ取り早く数値化してくれるのが「カラオケの機械採点」である。

  人によっては「カラオケの得点」を最終目的にするらしいが、自分はそれを目的にはしていない。とはいっても、歌唱力の指標として十分に意味を持っている数値であるとは思っている。

  画像の説明

  で、久々になんとなく新しい曲「地上の星」を歌ってみたら、何と2回目でこの点数だ。何度も練習すれば90点を越えることはあり、特定の曲では95点を越えているが、2回目でこの点数というのは、歌唱力の底上げができている、ということなのかなぁと……思いたい。というのも、今ちょうど「なんやコレ、もうヤメたいわ……」という時期なんだよなぁ……。

  一方で、もうひとつ取り組んでいるのが筋トレ。今年の2月、カミさんが任天堂SWITCHの「リングフィットアドベンチャー」を買ったので、何となく始め、晴れのち曇りで続けているうち、7月くらいから真剣に取り組むようになり、8月の中旬くらいからは、逆にリングフィットから離れ、筋トレとジョギングまで始めてしまった。

  コロナで仕事がほぼ100%テレワークになると、往復1時間ずつの通勤に、かなりの体力を使っていたことに気付かされた。そして、それがなくなると、こうも体を動かしたい気持ちになってしまうとは。自分は、あまり運動とか体を動かすことが好きな方ではないと思っていたのだが、こんな性格が眠っていたのだなぁ。

  そして、プロテインはたまに飲むくらいだが、高蛋白低脂質の食事を心がけ、そこそこの強度で毎日筋トレとジョギングをするようにしたら、まぁ、変わるもんだ。しっかり食べてもスルスルと痩せていく。

  9月中頃から、試しに増量してみようと、食事の量を増やしたが、ちょっと気を抜くと痩せてしまう始末。3kg増量した辺りで、11月頭から、減量するつもりで、少し食事の量を減らしたら、増量の半分の期間で元に戻せてしまった。いまや、うっすらと腹筋が割れて見えるくらいになっている。

  画像の説明

  画像の説明 画像の説明

  画像の説明 画像の説明

  画像の説明 画像の説明

  いやホント、巷のダイエット記事とか、ダイエットアイテムなんて、そのほとんどがアホな情弱をだます罠ですわ。ダイエットに王道なし。食べすぎず、ちゃんと食べて、しっかり体を動かすだけでいいのよ。

  ただし、運動もいいことばかりではない。腕を鍛える都合で、いつも肩の調子がよくないし、ふくらはぎは肉離れを起こしたし、ちょっと不整脈がひどくなった気がする。

  しかし、良くなっていく姿勢、締まっていく腹、朝晩2回の体脂肪の変化を見るのは、大きな楽しみである。ちょうど数日前に、人間ドックを受診したところ。さて、こっちはどんな採点結果になるのやら。


2020-10-03(Sat) 秋月の彼岸花、終了

  画像の説明


2020-09-30(Wed) 秋月の彼岸花、赤も咲いた

  画像の説明


2020-09-14(Mon) 秋月の彼岸花、咲いた

  というわけで、咲いた。3つも咲くと、なかなかの迫力である。昨年、お休みしただけのことはあるわね。

  画像の説明 画像の説明

  さて、赤い個体はどうなることやら。


2020-09-10(Thu) 秋月の彼岸花、レディ

  気づくと、昨年、スキップした白い個体がレディ状態である。しかも、3つも。楽しみ。

  画像の説明

  先走っちゃってるヤツがいるが、そういうヤツはどこにでもいるものだ。


2020-08-21(Fri) バースデイを機にまた生まれ変わる

  さて、一昨年の9月から、本格的にヴォーカルの練習を始めて、そろそろ2年になるわけだが、未だに飽きずに続いているばかりか、その延長で筋トレまで始めてしまった。何ヶ月後かに振り返ると成長が見えて楽しいので、現時点で感じていることを記しておきたい。

  その前に出会ったツイートを紹介。

  70歳のおじいさんに「プログラミング教えて笑」と言われたw。彼いわく『周りは70代になると何も挑戦しなくなる。ただ、90歳まで生きるとしたら、あと20年は人生楽しめるわけだ。誕生から成人するまでと同じ時間があるのに、新しいことやらんのはもったいないだろう』とのこと。かっこよすぎ。

  いいことをいう。とはいえ、既にある程度は自分が実践していることであり、誇らしく思う。改めて、何事を始めるにしても、遅いということはないのだな、と思える。そりゃ、早く始めるに越したことはないが、まだ、人生、半分弱もあるのだ。ヴォーカルも、2年で来るところまでは来れたな、と思えている。

  というのも、最近、シャウトに少し金属っぽさが交じるようになってきたのだ。ビブラートも割とキレイにかかるようになってきた。そして、その歌い方で息切れせずに「機械(筋肉少女帯)」が全力で歌い切れるようになりつつある。なんとなく、自分の中で初めて「可」を与えてもいいような気がしている。

  1年ちょっと前にも似たようなことを書いているが、改めてその時点の録音を聴くと、アタックが強い割に尻すぼみなので、単に怒鳴っている感じのシャウトで、明らかに現在よりも素人くさい。繰り返し歌っているだけで、こうも変わってくるとは。

  そして、今年の始めを振り返れば「君の知らない物語」をキー+5で歌っているが、今は-2で歌っている。つまり5つも上のキーに手がかかっている。1つ上げただけで、別世界になるのに、5つ。思えば遠くへ来たもんだ。

  最近は、意識しなくてもピッチが合うようになってきたので、その分の意識をリズムへ向けるように努めている。この先、意識しなくてもリズムが合うようになってくれば、もっと細かい情感を与えられるようになるのかもしれない、などと感じている。

  で、話は戻るが、歳を取って、逆にできるようになったことも多いと感じている。若い時のような性急な気持ちが減り、落ち着いてきた気がする。何に取り組むにしても、完璧を求めず、慌てずに、向上するのを待ちながら、継続できるようになった。若い時なら、ヴォーカルの練習なんて、何回かカラオケに行って、録音した自分の歌を聴き、向いてないと早々にあきらめてしまったかもしれない。だが、今なら、例え中断したって、また始めればいい、という気になれる気がする。

  また、発声練習、呼吸練習の効果なのか、姿勢が改善してきた。最初は、割と意識的に胸を張っていたのだが、最近はそれがクセになり、意識しないと猫背にならなくなった。いや、50歳を目前にしても治るモノなのだな、姿勢って。自分でも驚いた。

  併せて、テレワークな日常で体がナマらないように、なんとなく任天堂のリングフィットアドベンチャーが習慣化したのも功を奏している。というか、だんだん楽しくなってきて、本格的に筋トレまで始めてしまった。目標は腹筋を割ること。食事も改善する気になった。脂質って、そういうことだったのか。カロリーで考えることは、むしろ害悪なのだな。

  やはり、人生、ヒマこいているほど無駄なことはない。これまで、容姿にはあまりコダわりがなかったのだが、ちょっと前から、身につけるアイテムや、身だしなみを少し工夫しだしたせいか、ちょっと前に、手放しで容姿を褒められる機会があって、すごくテンションが上がるのを感じてしまい、意識が変わるのを感じた。というわけで、カッコいい50代に向かって、アレコレと挑戦を続けていきたい。