SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|

2016-06-29(Wed) ブロック塀スピーカ(リアルタイプ)完成

  片側の接着に一晩かかるので、やきもきしながら作業していたが、ようやく完成。なかなかにピシッとデキ上がったので気分がいい。

  画像の説明

  ちなみに、そもそも計画にないまま、予備として買っておいたスピーカ端子の都合で、フルレンジとツイータ、別々に配線する形になり、期せずして「バイワイヤリング」可能なスピーカに仕上がってしまった。まぁ、アンプが2chなので、今のところ意味はないけど。

  バックパネルは、下端を合わせる形にしてあるので、余ったコルクボードの上にスピーカを載せることにより、背面を回り込む音道が形成され、フロントから出る仕組みにしてある。なんとなく、フロントバスレフ型、ということになるのだろうか。

  イザ、視聴してみる。できるだけ先入観なしに感想を言うならば、しばらくの間、強烈な箱鳴りスピーカで聴いていたこともあり、落ち着いた音のように感じた。箱鳴りの効果が下がったのか、音量も下がった感じがする。でも、間違いなく、これまでのスピーカの中で一番マトモな音が出ている気がする。お気に入りだ。

  ただし、演奏中にバックパネルに触れると、思いっきり振動している。これ、吸音の効果はあるかもしれないが、箱鳴りしているとも言えるわけで、好ましくないは気がする。そのうち、細い木材でも貼り付けて、さらに箱鳴りを低減してみるのもいいかもしれない。

  しかし、コンクリートブロックは、どれだけ洗っても、気づくとコンクリート粒が散っている。既に完成したので、今後は動かすことも少なく、それほど問題ないとは思うが、やっぱりコンクリートブロックは屋内に持ってくるようなモノではないな。当たり前だが。