SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2004-07-26(Mon) 次のマイルストーン

  はぁ〜、あづい。CPUと同じで、暑いと脳ミソのクロックも下がりまくりなのである。だらだらとテレビを観てすごしてしまい、ちっとも作業に取りかかれない。なにかしら作ってないと手もちぶさたになってしまう性分なんで、どうにも落ち着かないのだが、とはいえ暑いとどーにもダメなのである。

  しかも、車載PCプロジェクトがヘンに一段落してしまった。トランク内の電気の来てない電源ラインの調査は、当分できそうにないし。ここは、一発、日記に今後の構想を一部ブチ上げて、自らを追い込まないといかん。

  というわけで、次の目標は「LCDキャラクタディスプレイ」の製作に決定なのである。ナビが不要な場合、デカいディスプレイを装着することなく、簡便にジュークボックスを利用するための表示装置である。

  画像の説明

  とりあえず、機能として、

  • PCからのシリアル出力により、20x4のキャラクタディスプレイに情報を表示
  • 表示する情報は、演奏中の曲名など(ナビ関連は……どうしようもないか?)
  • デジタル電圧計の機能、デジタル温度計機能、赤外線入力機能も持たせる

などを考えている。

  現在のところ、

  • PICマイコン制御による、キャラクタディスプレイへの文字列出力
  • PICマイコン制御による、シリアル入出力
  • PICマイコン制御による、赤外線入出力

は個々に実現しているので、基本的には組み合わせになるのだが。

  ちなみに今日は「漢字かな交じり文のキャラクタディスプレイへの変換ライブラリ」をちょっと書いてみた。ChaSenという漢字カナ混じり文をカタカナ化してくれるツールをベースに、その出力を半角カナに変換するライブラリをRubyで書いたのである。キャラクタディスプレイには漢字表示ができないので、必要なライブラリなのである。

  あと、思いつくままに決まっている事項を並べると、デジタル電圧計機能はPICマイコンのA/Dコンバータを利用する。よって、PICは16F819あたりを利用。12Vの3端子レギュレータを利用してシリアル入出力の電圧、5Vの3端子レギュレータを利用してその他のロジックの電圧を得る。電圧計は車の電圧を1/4に分圧して、5Vの基準電圧との間でA/D変換する。電圧計、温度計の情報はPCからの要求に応じてPCに一度返し、必要に応じてPCからキャラクタディスプレイに表示するようにする。

  しかし……昨日のオフで「日記読んでます」っていわれるまでは、読みたきゃ勝手に読め、というイキオイだったのだが、改めてSVX乗りの人に「日記読んでます」っていわれると妙に意識してしまうなぁ。ちまたの車ブログと違って、車の写真もほとんどないまま、ほぼ工作日記と化しているのに、SVX日記の名前を名乗るのもサギのような気もしてきた。いつのまにやら今日の走行距離や給油記録コーナーとかも、さりげなく消えているし……(実は面倒になってきたんす(^o^;))。