SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2016-12-23(Fri) Re:明るいポスト

  約4年前に製作した郵便ポストの内部の照明だが、光ったり光らなかったり、調子が悪くなってきた。どうも、LEDの根本のハンダが剥がれたり、電池ボックスが錆びたりしているのが原因らしい。そりゃ、ありあわせの部品で適当に作っただけのアイテムだもんなぁ。4年も持てば御の字か。

  画像の説明

  とはいえ、光らないと、夜、郵便ポストの中が見えないもので、異様に不便だ。作りなおすことにした。

  単4x3の電池ボックスの在庫がないので、しばし考えこんだが、以前、電池の一点アースを実現すべく購入しておいた、単4用の電池ホルダ(片側10円)と、なんとなく購入してあった単5サイズで12Vのアルカリ電池(5本で200円)を組み合わせて電源とすることにした。ちょうどいいサイズの基板の切れ端も見つかった。

  電池ホルダは、基板の穴を1.5mmのドリルで拡張すると、ちょうどいい感じに取り付けることができた。基板の場所は取るが、端子自体の値段もたいしたことないし、別途、電池ボックスのマウントを考えなくて済むので、使い勝手がいい。今回みたいに、単5のマウントにも使えるし。ただし、プラスマイナスの表示がないのと、ちょっと取り外しが難しいので、あまり頻繁な交換には向かないが。

  画像の説明

  ナットをひとつ追加しつつ、ネジ、ケース、LEDは古いものを再利用。基板、抵抗、スイッチとリード線は新調してサクっと工作を完了。郵便ポストに設置して作戦終了。さて、今回のアイテムは何年もつことやら。