SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2007-03-11(Sun) USBメモリを検証ッ!!

  さて、先日ポチッといってしまおうかと悩んでいたUSBメモリだが、なぜかすでに手元にある。あいかわらず速いなぁAmazonは。わりかし配送所が近いのもあるんだろうが。

  で、購入してから気が付いた。仕様を鵜呑みにするのでなく、消費電力を実測してみたらええんやないかと。ウチにはUSB延長ケーブルなんて売るほどある。そいつを1本ひっちゃぶけば、消費電流くらいテスターで簡単に調べられる。

  画像の説明

  まずは、買ったばかりのSIRENのUSBメモリ。容量は512MB。色はシルバー。接続して、認識して、準備OK。何もせず、最初はなんてったって接続しただけの状態で計測しなければ、なんてったってアイドル……38.4mA。ふむん。仕様どおり、75mAを下回る数値。よろしな。

  次は、ガンガンとファイルをコピーして書き込み。USB2.0対応だけあって速い。テスターの数値は目まぐるしく変化するが、目視で最大値を読む……55.5mA。ふむむん。やはり公約どおり、75mAを下回っている。

  そんでは、問題のバッファローの赤いUSBメモリ。アイドルは……77.7mA……高い……ような、そうでもないような。SIRENの製品の倍ではあるが、5倍ということはない。続いて、ファイルコピー……92.1mA。これも、仕様の平均250mA以下には遠く及ばない。いうほど高くないやんけ。

  ついでに以前に買った上海問屋のUSBジカ挿しの256MBのソリッドオーディオを試す。電源を切るたびに1曲目に戻るというスットコドッコイな仕様により、早々にオクラ入りしたアイテムだが……アイドル24.1mA、書き込み34.5mA……こ、これは低いッ!! ……というか、USB1.1なんだよね……コレ。しかし、低いコトには違いない。やはり、消費電力の大半は通信処理を行うコントローラの消費電力だというコトなのか。

  参考にワイヤレストラベルマウスのレシーバの消費電力も計測する。アイドル9.8mA、マウスをめいっぱいグリグリして10.2mA。

  まとめると、以下のとおり。

idle(mA)max(mA)
ワイヤレストラベルマウス(レシーバ)9.810.2
上海問屋ソリッドオーディオ(USB1.1, 128MB)24.134.5
SIREN USBメモリ(USB2.0, 512MB)38.455.5
バッファローUSBメモリ(USB2.0, 128MB)77.792.1
USB規格-500.0

  やはり、バッファローのUSBメモリの消費電力は突出しているといえるが、それでもUSBの定格には遠く及ばない。逆にSIRENのUSBメモリはかなり省電力であるといえるが、USB1.1の安物より省電力かというとそうでもない。ワイヤレストラベルマウスのレシーバは挿しっぱなしでオッケー。そんな結論だろうか。

  で、最終的に大事なのはSIRENのメモリは熱くなるのか、であるが、熱くはならない。まぁ、冷たいままであるかといえばそんなことはないが。体温と同程度以下という感じで不快な熱さはない。そんな感じである。

  なお、このSIRENのUSBメモリだが、アルミ外装は非常に高級感があるのだが、プラ部の仕上げがわずかによろしくない。微妙にバリが残っているんだね、コレが。また、キャップの開け閉めもやや品が無い印象。この辺の仕上げはバッファローの赤いUSBメモリのが上だ。こっちはこっちで使い込むとプラ部の塗装がハゲチョビンなのがナンだけども。

  画像の説明

  なお、ストラップの穴は側面に開いている……が、不思議なことにアクセスインジケータランプがストラップ穴の奥にある。これもナンだかなぁ、という感じ。たいして見やしないけどさ。

  つーわけで、残念なことにSIRENのUSBメモリも100%の満足度とまではいかない製品であった。もう少し高くてもいいから、フルアルミ外装で、摩擦式でないキャップ、できればスライド式か回転式で……遠い未来に遺跡から発掘されて解読されかねない仕様のUSBメモリが出ないかな……ま、解読に値するようなデータを入れる予定はないけどさ……ではまた。