SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-11-25(Mon) 物件保守祭り!

  いろいろ作りためた物件のアップデート版を置いておく。

  主な環境をMint15に変更したので、Ubuntuでも動くようにする微修正が入っている。

  まずは、Linux用の秋月PICライタ「rakipic」。sdccの環境を整えるinc2h.plと各libを作るUbuntu向けのスクリプトを同梱。

  つぎに、回路図エディタ「Qt-BSch3V」(私家版)。qtの開発環境さえ入れば、Ubuntuでもコンパイル一発だった。

  最後に、8bit的グラフィックスライブラリ「LegacyGraphics」。先の「艦娘うぉー」のレンダラを含む一式。読むライブラリを切り替えるだけで、curses, tk, gtk2, cairoのいずれでも似たような出力を得られるようになっている。line文でpdfやPostScript形式のファイルを生成できたことには、我ながら感動した。

  特に「pdfやPostScript形式のファイルを生成できる」という事は「印刷できる」という事につながる。さて、年賀状ソフトでも作ってみようかしらん。