SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2021-04-28(Wed) 「なんとなく続けて」達した「越えた感」

  「まん延防止」とやらでカラオケ屋の休業が相次ぎ、週2のヴォーカル練習が脅かされつつある今日この頃である。「寄席が社会生活の維持に必要」なら「歌も社会生活の維持に必要」なんだけどな。こちとらには戦争を終わらせる力があるんだぜ。

  とはいえ、近所の行きつけのカラオケ屋は、なぜか合間を縫って営業してくれるので、こっちもそれに合わせて通うのであった。なにせ、一週間空けると、声が調子を取り戻すのに時間がかかる感じがするのだ。体感的には、3時間の練習時間の中で半分以上を費やしてしまう感じ。

  そんな中、アレ? と思ったのが、前回、久々に歌った「ノーザンクロス」。最近は、高音が派手に破綻しない程度に、キーを抑えめに歌っているので、-5だったのだが、まぁまぁのピッチ、要所でのシャウトなどのパンチ、高確率で決まる揺らし、と我ながらイイと思えることに気づいた。息切れギリギリで歌い切れている。それは、採点結果にはまったく現れなかったのだけれど。

  そして、今回だ。先日、カノエラナのオンラインライブで聴いて、自分でも歌ってみようと思いついた「残酷な天使のテーゼ」。

  実は「残酷な天使のテーゼ」は、その作詞家のフザけた物言いにイラッときていて、敢えて歌うのを避け、これまでに片手に余るくらいしか歌ってないのだ。しかし、既に国民曲といえるほどの地位にあることは確かでもあるし、ほぼ初見で、それをどこまで歌えるのか、という挑戦のつもりで歌ってみることにした。

  結果、自分的に、一定の納得ができてしまった。と、同時に、何かを、越えた、感。なんというか、なんと表現したらいいのかなぁ、この感じ。

  その後、いつものレッスンに向かったのだが、それは奇しくも100回目であった。通い始めて約2年半。何度も、ヤメようかと思ったこともあったけど、敢えてヤメない、を続けてここまできた。

  ガキの頃、帰宅途中にナムコの「ギャプラス」があった。割と苦手で、4面は苦痛だし、50円に見合うプレイ時間が得られない感じが続いていたのだが、なんとなく続けていて、気づくと、越えた、感があった記憶がある。そこからは楽しくなって、気づくと40面を越えていた。カプコンの「ウィロー」でも近いものを感じたな。ネガティブな感じのする「なんとなく続ける」というのは、実は非常にポジティブな行動だと思える。いまでは。でも、それは決して「努力」じゃないんだよな。決して「努力」をしてはいけないのだ。苦痛はあっても、楽しむ部分を十分に設けなければいけない。

  YOASOBIの「群青」という曲に「大丈夫、行こう、あとは楽しむだけだ」というフレーズがある。もしかしたら、この心情を歌っているのかなぁ、と思っている。特に「あとは楽しむだけだ」という微妙な物言いが深い。それは「ド・モルガンの法則」により「そのまえも苦しむだけではなかった」と同意でもあるし。

  というわけで、ある意味「卒業」感を感じているのだが、小学校の卒業は、中学生の入学であり、別に何も終わったわけじゃない。

  そもそも、今の課題曲「ignited-イグナイテッド-」では、ちょっと現状の歌唱力では届かない感を受けてしまっている。それでも、これまで届かないと感じていた多くの曲に「届いた」を感じてきているし、いつかは「届くはず」と思っている。

  今さらになって「喉を下げる」「喉を後ろに引く」筋トレにマジメに取り組んでおけばよかった、と後悔している。でも、別に、何も失ってはいないのだから、明日のために、今日から始めればいい、と思える自分がいる。

  次は、以前に一度だけ歌って放置してある「群青」を歌ってみよう。そして、やはりカノエラナのオンラインライブで聴いた「プレパレード」も歌ってみよう。


2021-04-30(Fri) ロードスター、カウル・グリル外し、フィルタ交換

  3年後に交換してみた(3年前)。

  画像の説明 画像の説明