SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2011-08-07(Sun) 続々、スピーカ、作る

  先日、自作のスピーカユニットキット「FOSTEX P800」を100円のタッパー容器に装着した。もしかしたら、オーディオマニア真っ青の仕打ちといえるのかもしれないが、自分の耳で「キチンと違いを実感していく」という意味では、なかなか遊びがいのある状況であるといえる。

  スピーカユニット単体では、スピーカの裏側から回り込む逆位相の波形によって低音がスカスカになるが、エンクロージャに付けることによってそれなりにマトモになること。タッパーのフタをキッチリと閉めてしまうと密閉型スピーカとなるが、どうもコモったような抜けの悪い印象の音になること。フタを少しめくると、その印象が払拭されること。すべて、その違いを自分の耳で実感することができた。スピーカユニットまで自作したのだから、トコトンまで「実感」していきたい。

  で、しばらくは、そのまま後方簡易バスレフ型(?)で運用していたのだが、この度、めでたくラップを使い終わり「ラップの芯」という名のバスレフダクトが入手できたので、早速、エンクロージャの前方に穴を空け、バスレフ型での試験運用を開始するのである。

  画像の説明 画像の説明

  しかし、丸い穴を空けるのには苦労した。ドリル、リーマ、ハンドニブラ、カッター、サンドペーパというステップを順に踏んだのだが、サンドペーパをグリグリやるのに手首を駆使しすぎ、翌日に大変なことになった。その甲斐あって、バスレフダクトを差し込むだけでシッカリ固定できる、ジャストサイズの穴を空けることができたけども。

  さて、試聴してみる。うーむ、一段と、低音の響きが自然になった気がする。穴に指をツッコむと、ちゃんと低音の振動を感じることができる。おもしろい。

  現状、バスレフダクトの長さは長めにしてあるが、近いうちに適当な長さを算出の後、実際に試聴しながら仕上げたいと思う。その後は、吸音材の有無による違いも「実感」する予定である。わくわく。