SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2014-01-18(Sat) バーコードにバトルを挑む

  ふと、いわゆる「バーコード」を読み取る必要が生じた。

  別に、既成のバーコードを読み取る必要はなかったのだが、まぁ、まずは基本ってことで、JANコードを読み取るRubyのライブラリを書いてみた。

  パッケージを置いておく。

  画像の説明

  それと先日、2012年6月から1年半ほど使っている、M185というLOGICOOLのワイヤレス光学式マウスのセンタクリックが「渾身の力」を込めないと反応しなくなってしまった。まぁ、修理するまでもないだろうと、さっさと色違いのグレーのものに買い換えたのだが、ダメになった方のマウスを分解し、タクトスイッチを手持ちのものに交換したらあっさりと治ってしまった。

  うーむ、2個並んでいても仕方がないので、職場ででも使おうかしらん。

  画像の説明

  しかし、1000円もしないマウスなのに、こんなに長らく気分よく使われてしまって、その挙句に修理までされてしまっては、商売上がったりではないか、などといらん心配をしてしまう。ふぅ。