SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2004-06-08(Tue) 工作2題

  むぅ。やはり平日に車に乗らない生活をしていて、毎日車に関する日記を書こうというのは無理があったか。というか、毎日車に乗る生活をしていても無理があるよな、たぶん。

  というわけで、今日は昨日の「車版フライトレコーダ」の構想について書いてゴマかす次第である。ちなみにこの「ごまかす」とは「ごまかし」の活用形で「ごまかし」とは「胡麻菓子」と書く。これは昔あった「胡麻胴乱(ごまどうらん)」という菓子の俗称で、この菓子が中空構造で「見掛け倒し≒ごまかし」であったことに由来しているが、ここでそんなことはどうでもいいことである。

  SANYOのDSC-SX150というデジカメが手元にある。このデジカメは固定焦点150万画素ということで、今となってはカタログスペック的に見るところのない製品なのだが、その洗練された操作スタイル、レスポンス、画質には光るものがあった。私もしばらく愛用していたのだが、ひとつだけの欠点がバッテリーの持ちが悪いことである。このデジカメ、バッテリー室は単三型x2で、メタハイの使用が推奨されているが、イザとなったらアルカリも使用できるという、非常に私好みのスタイルなのである。しかしながら、それにつけても電池が持たな過ぎるのであった。

  末期には電池を入れて数十秒でバッテリー警告等が点くようになったばかりか、電池室のフタが欠けてしまい、使い物にならなくなってしまった。前者の問題に関してはどうやら電池室の接点を掃除することで解決するらしいことを最近になって知ったのだが、既にリコーのCaplioG4wideに取って代わられてしまっているので、今となってはどうしようもないのである。

  で、このジャンクデジカメを「車版フライトレコーダ」へ活用するのである。

  まず、このデジカメを車のアクセサリー電源に直結できるように改造してしまう(当然、3.3Vへの降圧はする、三端子レギュレータで一発である)。このデジカメ、メカニカルスイッチにより電源が入るのでON位置に固定しておけば、それだけで車の走行中、常にデジカメを起動しておくことが可能になるのである。さらにレリーズボタンから線を引き出し、PICマイコンから撮影を制御できるようにし、PICマイコンから1分間隔程度のインターバル制御でシャッターを切るわけである。

  近年、コンパクトフラッシュの容量は飛躍的に増大しているので、8時間車で走りつづけて480枚、十分に格納できるであろう。これさえあれば、ドライブのよい記録になるばかりか、万が一の事故の際には証拠写真となる可能性もある。

  とりあえずバラしてみたところ、今日はなんとかレリーズ回路を発見するところまできた。明日は線を引き出すことができるか、というところである。

  画像の説明

  なお、今日は紙工作も作ってしまった。

  画像の説明

  誰が言ったか知らないが、所詮人生死ぬまでの暇潰しである。それにつけてもモノ作りの楽しさよ。ちゃんちゃん。