SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2004-10-25(Mon) 「Taito Triple Screen Trio」レビュー

  さて、今日は特に工作ネタがないので、先日購入した「Taito Triple Screen Trio」のレビューをするのである。この機種には往年の名機であるタイトーの3画面スクリーンゲームが3つ収録されている。過去に購入したナムコの各製品には5つのゲームが収録されているのに3つとは少ない気もするが、画面数で考えれば5画面に対して9画面であるから倍近くお得な勘定である(?)。

  画像の説明

  ハードウェア

見てのとおり、筐体は「Namco TV Classics - Ms. Pac Man」と完全に共用である。今回はレバーを「ヒネル」アクションがないので、見た目は変わらないがレバーは普通の8方向のものになっている。ボタンに関してはまったく同様で、大きなボタンが「SHOT/KUNAI」小さなボタンが「BOMB/SYURIKEN」となっている。それはともかく、なんといっても特徴的なのはテレビとの接続ケーブルでRCAピンの黄色と白が3組出ていることだ。内蔵しているゲームが全て3画面ゲームなのであるから当然といえば当然なのだが、実際にテレビが3台必要となるため、非常に思い切ったコダワリの製品という感じを受ける。特に明記されていないが、3台とも同じ大きさのテレビでないとプレイがしづらいことは容易に想像できる。また、ゲームセンターに置いてある筐体ではテレビ間のツギ目を完全に無くしていたが、家庭でテレビを用いる場合はそうはいかないため気になることもあると思われる。本気でプレイするためには、狭枠タイプの液晶テレビを3台用意する必要があるだろう。また、サウンドについてはRCAピンが黄色と白の3組と一見モノラルのようではあるが、左側テレビ用、右側テレビ用でキチンとステレオサウンドとなっている。そればかりかセンターのテレビ用は低音用の設定となっており、ウーファに接続することでボディソニックまで再現できる仕様となっている。ただし通常は近所迷惑にならないよう左右のみの接続で十分だろう。私もそうしている。

  ダライアス2

他の2本「ダライアス」「ニンジャウォリアーズ」に比べると若干ランクの落ちギミの本作であるが、家庭で3画面ゲームができるということから考えるとかなり魅力的な1本だ。残念ながらコントローラがひとつしかないのでPROCOとTIATで仲良く出撃できないのがサミしいが、ゲームスタート時に押すボタンでPROCOかTIATを選択できるようになっているという細かい配慮は嬉しい。スタート後まもなくして、BGMと「REACTIONS ON THE RADER……」というTIATのボイスが重なる点も完璧である。ユラユラとゆらめくラスタースクロールも若干ひかえめに感じるもののちゃんと再現されており、画面の継ぎ目さえなければゲームセンターそのままといってよいデキである。サウンドに関しては若干音色がおとなしめに感じるほか、パーカッションがサンプリングでないような印象を受ける。このあたりはさすがにハードの限界といったところだろうか。なにせ相手は専用筐体で基板自体もかなり贅沢だったハズである。今のところ、上のZのみでエンディングまで確認しているが、エンディングもほぼ原作のままであった。とりあえず全ゾーンクリアまで相当長く遊べそうである。

  とゆーわけで、残りのダライアス、ニンジャウォリアーズはまたの機会に。ばーい。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
補足 (2004-10-26(Tue) 13:01)

テレビを3台用意するのは私的にも非常に大変だったのだが、いつの間にか居間に3台の同型のテレビがセットされていた。なにかオカシイと思ったら、そこでハッと目が覚めた。いくらなんでもこんな製品が出るわきゃないッ!! すんませんッ!! 上のレビューは全て想像の産物です。ウソつきました。でも、こんなのがあったら絶対に欲しいんだけどなぁ。

きりさん (2004-10-26(Tue) 23:05)

あぅっ!やられました(笑)<br><br>いや、本気で欲しいと思ったのは内緒(^^;<br>モニタも3台かぁ…とちょっと同じ型のテレビを集めようかと…<br><br>いやぁ、ぐうの音もでないくらいにやられました(笑)<br><br>「全て想像の産物」<br>なぜか某ガイ○ックスのトップ○ねらえ!を思い出して<br>しまった私は、そうとう病んでいます(^^;<br><br>ぜんぜん話違いますけど、恋路海岸って行ったことあります?

フルタニアン(管理者) (2004-10-28(Thu) 01:14)

すんません。思いついたら4月1日まで待てなくてやっちゃいました(^^;)。<br><br>ですが、昔のゲーメスト(ゲーム雑誌)に「ゲームビデオ撮影用にプレイを頼まれたけど、機器の都合で3台のモニタを横に並べてプレイさせられて、コワくて継ぎ目に近寄れなかったよ」とありました。テレビ3台でのプレイは想像以上に不快らしいです。<br><br>トップはかなり前にちょっと観ましたが、もうすぐ「2」も出ると聞くし、通しで観たいトコロです。<br><br>恋路海岸!! 実はSVXを購入した時、遠出にピッタリだと計画しましたが結局は行ってません。歌人MLでは何度か訪れたというレポートを拝見しましたけど。ただ、石川県出身の娘に聞いたら「鐘があるだけで、他に行くトコないときに行くトコですね」というコメント……。

きりさん (2004-10-28(Thu) 11:41)

あ、歌人ML入ってたんですか(^^)<br>じつは、以前そちらのオフに行った日の前日に、<br>MLの管理人のHさんの家に遊びに行ってたんですよ(笑)<br><br>恋路はそのMLの管理人さん夫妻(になる前)と一緒に行った事があります。<br>そんで管理人さんは、恋路駅でギター弾いてました(笑)<br>恋路駅と鐘以外はほんと行くとこないかも…(^^;<br><br>のと鉄道、廃線になるみたいなんで(なった?)<br>その前にもう一度行ってみたいなぁ…と<br>ちょっと思ったわけで…。<br>北陸オフとかないかなぁと(笑)

フルタニアン(管理者) (2004-10-29(Fri) 13:04)

おぉ、きりさん、そっち側もかなり濃いんですね。知ってたら以前のオフの時、一緒に孝蔵さんで盛り上がれたのに(^^;)。<br><br>しかし「カタカタと黒い電車」がこなくなってしまうことは知りませんでした。「ロマンスカー」といい孝蔵さんがネタにすると消えてしまうのかなぁ。そろそろ「松山行きフェリー」もアブない!?