SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2011-04-17(Sun) LinuxでPX-403A

  今さらながら、プリンタを買った。機種はPX-403A。理由は「顔料インク」と「安い」から。

  画像の説明

  まずは、インクをインストールしてカラーコピー。アクビがでるくらい時間がかかったが、クオリティはかなりのもの。黒つぶれは、印刷というよりは、スキャナ側の限界か?

  画像の説明

  Linuxから印刷できるか、は、運試しのつもりだったが、エプソンは意外と積極的というイメージもある。まずは認識。

usb 6-2: new full speed USB device using uhci_hcd and address 2
usb 6-2: New USB device found, idVendor=04b8, idProduct=087f
usb 6-2: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
usb 6-2: Product: EPSON PX-403A Series
usb 6-2: Manufacturer: EPSON
usb 6-2: SerialNumber: P4JZ033959        
usb 6-2: configuration #1 chosen from 1 choice
usblp0: USB Bidirectional printer dev 2 if 1 alt 0 proto 2 vid 0x04B8 pid 0x087F
usbcore: registered new interface driver usblp

  サイトからLinux用のドライバをダウンロードしてインストールしてみる。

zakato.itline.jp:/root # wget http://linux.avasys.jp/drivers/lsb/epson-inkjet/stable/RPMS/x86_64/epson-inkjet-printer-201103j-1.0.0-1lsb3.2.x86_64.rpm
 
zakato.itline.jp:/root # yum install lsb
 
zakato.itline.jp:/root # rpm -ivh epson-inkjet-printer-201103j-1.0.0-1lsb3.2.x86_64.rpm 
 
http://localhost:631/

  cupsにつなぐ。プリンタが認識されない。ダメか? ……と思ったら、USBを挿し直したらあっさりと認識。GIMPからの印刷に成功。

  Linuxからスキャナが利用できるか、は、完全に運試しのつもりだったのだが……

zakato.itline.jp:/root # rpm -ivh iscan-data-1.8.0-0.noarch.rpm 
zakato.itline.jp:/root # rpm -ivh iscan-2.26.2-1.ltdl7.x86_64.rpm

  権限がどうとか言われて、認識されない。ダメか? ……と思ったら、またもや、USBを挿し直したらあっさりと認識。GIMPからのスキャンに成功。

  画像の説明

  Linuxから完全に支障なく利用できますわ。こりゃ、よい買い物をした。予備も買っておくかな

  おまけ。イキナリ「頭文字D」の22巻を与えられ、英才教育の名の下、お手本として父に読んでもらい、マンガは音読するものだと理解(誤解)するも、セリフの漢字が読めず、ひたすら擬音だけを発し続ける、イッペイ(5)。

  画像の説明

  将来が……楽しみ?