SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2007-09-18(Tue) mp3で歌ドキッ!

  先日、深夜に偶然(?)テレビを点けると、後藤真希が奥村チヨの「恋の奴隷」を歌っていた。以前になんとなく(?)、レンタルで彼女のCDを借りてから、自分でも不思議なほど飽きずに聴き回していたのだが、やっとその理由に気づいた。単純に歌がうまいのだ。

  画像の説明

  この番組は「歌ドキッ!」という(1日1曲たった5分の)番組で、深夜にモーニング娘のメンバが過去のヒット曲を歌う、という、いわば安直なカラオケ番組なのだが、実はモーニング娘はアイドル離れした歌唱力を持っている(娘もいる)のである。オッサン(オレもだが)が夢中になる一端もここにあるのだろうか。

  最近、聴きたい曲もないし、以前に借りた「FS3」という、やはり後藤真希ほかが歌うフォークのカバーアルバムもかなり気に入っていることだし、この番組の歌の部分をmp3に切り出せば、iPod shuffleで持ち出せるから聞きやすくなる。なんといってもタダ。まさに盆正月。早速、作業開始である。

  まず、HDDレコーダで予約録画、番組をDVD-RWに焼く。焼いたら、PCで音声を抜き出す。オイラは、DVD Decrypterを使った。Modeを「IFO I」にして、トラックを選択、「Audio - AC3」を処理対象とし「Demux」として切り出し開始。よくわからんが、AC3形式のファイルが出力される。

  画像の説明 画像の説明

  AC3形式っていうのはよくわからん形式だが、なにしろwav形式に変換しなければならない。こーゆー変換ツールはCUIなのがお好みのオイラである。ググってデコーダを探す……あった。a52decというヤツ。Cygwin上でコンパイル、インストール。あっさりと完了。

  使い方は簡単。「-o wav」で形式を指定して、ファイルにリダイレクトするだけ。一括処理ならこう。

$ for i in *AC3; do a52dec -o wav "$i" > "$i.wav"; done

  wavファイルができたら、トリミング。こいつは、過去に自作したcccdctを使うと超快適。cccdctは、編集時間表示が44.1kHz用になっていたので、AC3の48kHz用にちょっと修正。あとはサクサクと楽曲部分だけを切り出す。慣れると1曲1分かからない。

  画像の説明

  切り出したwavファイルをmp3に変換。こっちもCUIのlameで一括処理。

$ for i in *.wav.d; do lame -h $i/track01.cccd.wav $i.mp3; done

  あとは、iTunesにインポートするだけだ。

  しかし、10数曲を聴いた中では、後藤真希の「恋の奴隷」が明らかに突出してイイ。調子に乗って、ニコニコ動画で後藤真希を検索したら、今度は沢田研二の「勝手にしやがれ」を歌っているのを発見した。これまたスッゲェうまい。調べるとDVDに収録されている。うむぅ……。

  そもそも、彼女はニューアルバムを出したばかりなので、本来のファンならそっちを買うべきかもしれないが、こっちはそのうちレンタルできるだろうし、その他の楽曲の意外性を楽しむ意味でもDVDをポチッてしまおうかなぁ……。

  ……とッ、とりあえずVol.1だけ……ポチッ。