SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2016-09-29(Thu) 卓上カレンダにムキーッ!! 

  ウチは壁にカレンダを吊るす習慣はなく、ダイニングの横に卓上カレンダを置いているのだが、気に入るアイテムがなくてずっとイライラしていた。単に「表と裏」に「今月」と「来月」を配置したいだけなのだが、製品を「綴る」の都合上、そういうアイテムは売っていないのだ。で、作った。

  画像の説明

  例によって、自作のTrueLegacyGraphicsCairoライブラリを使い、以前に作ったカレンダ作成スクリプトをチョイチョイと手直しして作った。生成されるPDFライブラリごとスクリプトを置いておく。

  アイデアという程のものでもないが、ミソは、スタンド部分の一部を切り欠いて、表と裏にダブルクリップでカレンダを止められるようにしたこと。よく考えれば、卓上カレンダにおいて「綴る」必然性なんてまったくない。サッと紙を外せたほうが、記入する場合にもラクだ。

  ちなみにこの金色でスケスケのワイヤフレームなダブルクリップはダイソーで売っていたものだが、久々に深く感心させられた一品である。この発想はなかった。

  いざ印刷しようとしたらプリンタ複合機(PX-403A)の給紙トレイが折れていたので、1.5mmのドリルで穴を穿けて針金を通して修理しておく。

  画像の説明

  気づけば、このプリンタも既に5年も前に買ったものだが、使用頻度が極めて低いにもかかわらず、軽いインク詰まり程度で助かっている。メーカにしてみれば「1万ソコソコの製品をいつまで使う気だよ」と思っているかもしれんが、なにせ使用頻度が低いもんなぁ。