SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2014-08-02(Sat) オレ提督の夏休み

  予定にはなかったのだが、カミさんが大和ミュージアム内にあった「第1術科学校見学」の告知に気づき、朝からそこに向かうことになった。記憶が確かならば「彼の奇跡の艦」にまつわるアイテムが展示してあるのは、確かそこだったような気がするのだ。

  「第1術科学校」は、呉港の対岸にある「江田島」にある。島とはいえ、橋により地続きなのだが、極端に遠回りなのでフェリーで向かう。

  ほとんど予備知識なしで向かったのだが、ざっと海上自衛隊のエリート学校+日本海軍の記念館、と考えれば間違っていない。入り口で見学手続きをしていると、真っ白な軍服を着た生徒さんがチラホラ……おいおい、むちゃくそカッチョエエやんか。提督じゃないけれど、真に提督の装いだぞ。

  画像の説明

  中では、初老のOBの方が、引率、案内してくれるのだが、すばらしく軽妙な口調で説明してくれるので面白くてたまらん。そのうち、見学メニューのメインである教育参考館の中へ。

  教育参考館は「勉強の場」と「慰霊の場」であるということで、脱帽を求められ、写真撮影も禁止されている。内部は概ね、日清、日露戦争から、歴史を追うように、順に展示品が並べられており、特に第二次世界大戦の特攻隊員に関する記録については、大きく扱われている。

  で、オイラの目当ての「アレ」は、おそらくこの中に展示されているはず……と、ナメるように展示物を見ていると……あったッ!! 「彼の不沈艦雪風の操舵輪」ッ!! これがそうなのか……と、思わず、柏手を二拍して拝んでしまった。残念ながら、撮影禁止なので写真は載せられないが、美しい木の造形で塗りでピカピカしていた。これで確実に、提督の「運」の値は+3されたな。間違いない。

  で、もうひとつの目当ての「アレ」は、おそらくこの外に展示されているはず……と、教育参考館の横手に向かうと……あったッ!! 「彼の不沈艦雪風の錨」ッ!! これがそうなのか……と、こっちでも、柏手を二拍して拝みつつ、裏に回り、その幸運にあやかろうと、ペタペタと触らせてもらう。こっちは、撮影できたので写真を載せておく。これで確実に、提督の「運」の値は+5はされたな。間違いない。ちなみにこの錨、GoogleMapで上空から見ることもできる。

  その後、さらに気になっていた「アレ」も見に行く。学校の海っぺりの港にある「陸奥の主砲塔」ッ!! デカすぎて、X100Sの35mm相当の砲塔じゃうまく切り取れなかった。ちなみに、すぐ脇には「高角砲」「魚雷」「長門の徹甲弾」があったが、いずれも艦これの装備アイテムにあるものだ。帰って見比べてみたら、忠実にイラスト化されているなぁと関心した。<かきかけ>

  画像の説明 画像の説明

  画像の説明 画像の説明

  画像の説明 画像の説明

  画像の説明 画像の説明

  画像の説明