SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2011-06-25(Sat) W羽化を微速度撮影、机作り付け

  昨日に引き続き、2匹が同時に羽化した。

 

  昨日は、1分間隔の撮影だったこともあり、ポンと出てきてしまった感じだったので、今回は30秒間隔で撮影。ホントは10秒くらいで撮りたかったが「Caplio G4 wide」は30秒が限度だった。

  なお、前半は輝度を無理に持ち上げてある。輝度の持ち上げには、当然convertを使う。

mkdir brighten05; for i in R00243[6789]?.JPG; do echo $i; convert -level 0%,5% $i brighten05/$i; done
mkdir brighten10; for i in R00243[6789]?.JPG; do echo $i; convert -level 0%,10% $i brighten10/$i; done

  さて、今日はオイラの書斎というか工房に、机を作り付ける工事日だ。自宅を新築した際、なんとなく2階に作り付けた机が、妙に気持ちよくて、同じものが欲しくなったのだ。自宅を新築した、同じ工務店の、同じ大工さんがやってきて、据え付けてくれた。

  大きさは、幅140cm、奥行き70cm弱、高さ70cm。机の奥には2カ所の穴があり、電源等の配線が引き出せるようになっている。机の下には、棚板があり、そこにも3カ所の穴が空いている。アダプタ等を置くのに便利。

  椅子もまた、新築の際に工務店からオマケでもらったもの。ホントは脚立なのだが。

  画像の説明

  木はイイ。人が木の横にいて「休」という漢字ができたというが、確かに気が休まる。んが、木の方の気持ちはどうなんだろうな。牛や豚と同じかもしれん。牛や豚の気持ちとてどんなものかは、よくわからんが……。

  机の据え付けには、丸一日かかったが、その間、XBeeをイジる……と、いうか、先日、ループバックに成功した直後、親側が動作しなくなったので、その復旧。

  いや、事前に「ファームウェアが飛んだ場合の復旧方法」というページはあらかたチェックしており、面倒なことにならないよう、細心の注意を払っていたつもりなのだが……

  特に心当たりもないのに飛んでいる

  ……っつーのは、いったいどういうことだ。しかも、10時間以上も試行錯誤しても復旧できないっつーのは、いったいどういうことだ。おかしいだろ。マトモではないだろ。そもそも、Web上に「ファームウェアが飛んだ」というレポートが多すぎるのこと自体が異常だ。

  DTRもRTSもつないでいる。X-CTUからブレーク信号を送ると、XBeeからは「OK」という応答が9600bpsで返ってくるから、壊れているわけでもないらしい。でも、ファームウェアの再ロードをガンとして受け付けない。

  10時間も「単なる無駄な作業」をすることになんだったら、予備を買っておけばよかったわい。時給5000円なら、5万円以上もドブに捨てていることになる。せめて、オイラの作業のどこかにミスがあり「単なる無駄な作業」でなかったという結果になるといいが……というのも、しばらく触る気にならん。

  キュゥべえ(QB)もなんとかいってよ……仲間(XBee)でしょ……。