SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2005-01-05(Wed) 「SHAKENS YOU UP」試作品完成

  昨日の日記に書いたとおり、我がナビホークの液晶画面は消える寸前……というか、8の真ん中の棒だけが消えて0に見える症状を発症しており、完全に消えてしまうよりタチが悪い。現在のところ時間は正確に刻んではいるようだが、アナログ針のほうもそろそろ信頼できない状況になりつつある。

  それなのに明日はYRP出張である。あぁ、どうしよう。時計がない……そうだッ!! とりあえずちゃんと動いている「SHAKENS YOU UP」を時計代わりにして持っていけばよいのだ。現在は試作基板のため、PICマイコンがソケットに差し込んである状況なので、フツーのFRISKのケースには厚みの関係で入れられないが、FRISKガムのケースには余裕で入ってしまうのだ。こりゃいいぞ。

  画像の説明

  ちょっとガタガタするが、まだ評価中であるからホットボンドで固めてしまうわけにもいかないので、ガムテープで仮固定する。うわー、マックスダッサッサーである。ま、いいや。とりあえず何度かタイマをセットし、ちゃんと指定の時間後に振動モータが回るコトを確認。時間も正しく刻んでいることを確認。明日の起床時刻付近にセットしてみた。内部的には12カウントで30分を刻む処理を行っており、10時間ちょいまで正しく計時することができるのだ。30分ボタンを20回押して10時間後にセット。

  画像の説明

  電池の切れかけているナビホークより、昨日今日作った「SHAKENS YOU UP」の時計の信頼性のが高いのか、という意見もあろうし、PHSについている時計でいいじゃないかという意見もあろう。でも、オモシロければいーのである。なにより、電車で眠りコケていても振動で起こしてくれるガジェットなんて、なかなかないのだから(イザ振動しなかったらシャレにならないが)。

  それはさておき、例の232メモリの開発であるが、やはりスンナリとは動かない。オシロを取り出すも、うまくデータが取れない。そりゃ、昨日今日オシロを使い出したヤツが、使い方を試行錯誤しながらやっている状況では、バグなのかオシロの使い方に問題があるのか区別がつくわけがなく、不確定要素をひとつ増やしただけに陥ることは必然である。ま、しかしこのヘンは操作に熟達することで解決しなければならない問題なので、使い方の試行錯誤をサボってはならない。うー、動かん。

  寝る前にシチズンに腕時計の電池交換と修理についてメールを出した。ナビホークでググると、最近のモデルより初代のモデルのが人気が高いような記述もチョロチョロ見つかる。多少、高くても修理したいとは思うが、なにとぞエラい値段になりませんように願いつつ、おやすみである。