SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2005-04-20(Wed) Gmailバックアップスクリプト完成、しかし……

  一応、Gmailの容量をバックアップストレージとして活用するためのスクリプトは完成した。今のトコロはcygwinとdebian上で動作は確認している。必要な外部プロセスは、vi, tar, bzip2, gpg。インストールは「make install」で一発。使い方は、バックアップしたいディレクトリに移動して「gmbu」一発をカマすだけだ。crontabやcvsみたいにエディタが開くので、各種動作条件を設定の上、保存終了すれば添付メールが飛ぶ……飛ぶコトには飛ぶ……飛ぶのではあるが……正直いうとちょっと問題がある。

  我ながらよくできたライブラリだと思っていた先日のEmail.rbだが、実はちょっと問題があったのだ。オブジェクト指向の特性である「データと手続きの一体化」についてはとてもナイスな設計だったのだが、メールのデータをまるまるインスタンスに持たせ、かなり力任せなハンドリングをしているのがマズかった。添付ファイルのサイズが1MB程度までならよいのだが、Gmailの上限である10MBまではとてもじゃないが処理しきれないのである。10M弱のフォントデータのバックアップを実行したら、メモリを食いつぶし、自宅サーバを落ちる寸前まで追い込んでしまった。いくらRubyがデータサイズに上限を設けないからといって、そんなムチャなメモリの使い方をされては、OS側がとても持たないのである(いまどき搭載メモリが256Mってのも少ないけども)。

  以前、職場の新人がイッキに1000以上のファイルを同時オープンするプログラムを書いているのを見て、思わずひっくり返ってしまったコトがあったが、こんなプログラムを書いているようでは人のコトを笑えない。一応現段階のパッケージを置いておくが、近いウチに内部的な処理方式を逐次指向に書き直すことにしよう。トホホ。

  さて、ソフト開発を日記のネタにすると妙に内容が薄くなるのは毎度のコトであるが、今日はエラいモノを発見してしまった。

  画像の説明

  なんと!! ゲーセンの「湾岸ミッドナイト・マキシマムチューン2」にSVX登場である。こりゃ、やるしかないぜ!! 最近よくあるシステムだが、磁気カードを購入すると、徐々に自分の車をチューンできるという遊び方もできる。買うぜ!! 買うぜッ!! この画像のナンバープレートが3318という開発者の意気込みにかけて、買うぜッ!!(SVXの正確な排気量は3318cc、オイラは3300にしているが)

  画像の説明

  グランツーリスモにソッポを向かれてショックだったが、ワカる人にはワカるんだねぇ、ウンウン。車選択画面の車の配色はちゃんと黒天井にツートーンだ。ウレシすぎるぜ!! 早く出てこーい!!